CSS

【アプリの例もあるよ!】Webページを構成する3つの要素 

Webページは大きく分けて3つの要素で構成されています

ここでは、基本的な位置付けや組み合わせを紹介していきます

Webを構築する3要素

HTML(マークアップ言語)

HTMLはHyper Text Markup Languageの略でWebページを作成するために開発された言語です。ハイパーテキストとはハイパーリンクを埋め込むことができる高機能なテキストです。ハイパーリンクとは、Webページで下線のついたテキストなどをクリックすると別ページへ移動するリンクのことです。つまり Webページから別のWebページにリンクを貼ったり、Webページ内に画像・動画・音声などのデータファイルをリンクで埋め込むことができます。

 



CSS(スタイルシート言語)

CSSはCascading Style Sheetsの略でWebページのスタイルを指定するための言語です。スタイルシートとは、構造化文書などにおける表示形式を制御する仕組みで、見栄えと構造を分離すると言う目的で提唱されました。



JavaScript(プログラミング言語)

ユーザー側のWebブラウザと、WebサイトまたはWebサービスの相互間のやりとりを、円滑にするために使われます。



プログラムを実際に動かしてみる

こちらをご覧ください(BMIを計算するWebアプリです)

他のWebアプリなどのコードは、こちらにあります。

1 2