SEO対策

どんなサイトがSEO的に優れているか

僕がブログの収益を上げるときに実施したSEO対策をまとめておきたいと思います。

SEO対策を始める前に知っておく事

SEO対策ってなに?

SEO対策のSEOとは、Search Engine Optimizationの略であり、検索エンジンの最適化を意味する言葉です。そして、SEO対策とは、インターネット検索結果で地震のWebサイトを上位表示させるための対策です。詳しく言うと、検索エンジンの自体の仕組みやルール(アルゴリズム)に合わせてサイトの文言やキーワードを見直したり、HTMLタグを再構築することなどを指します。

SEO対策とは

「定義」検索エンジン最適化

「内容」検索エンジン自体の仕組みやルールに合わせてサイトのキーワードを構築する事

 

SEO対策がなぜ必要か

もし、SEO対策をしないまま記事を書き続けるとしましょう。めちゃくちゃいい記事は確かに注目されることがあるかもしれません。しかし、中途半端な記事はいつまでたっても見られる事はなく、ブログが大きくなる前にやめてしまう場合が多いです。

SEO対策相手を知る

検索エンジンのアルゴリズムに合わせて、対策するものです。ところで、検索エンジンとはなんでしょうか?

検索エンジンとは??

「知りたい情報をクリック一つで表示してくれるもの」であり「大量に存在するウェブサイトを集約して、じぶんが欲しい情報を素早く適切・的確に提供してくれるもの」です。

検索エンジンシェア 日本と世界の違い日本と世界の検索エンジンを紹介して行きたいと思います。 日本の検索エンジンシェア デスクトップ Source: StatC...

結論から言うと世界や日本共通して、Googleが一番多いです。

検索エンジンへの対策だけでは、検索エンジンのアルゴリズム変更でそのブログは見られなくなってしまいます。



どんなサイトがSEO的に優れているのか

SEO対策の本質は、「ユーザーフレンドリー化」

SEO対策の本質=ユーザーフレンドリー化=読者が読みやすい記事

読みやすさ>>多少のSEO対策

サイトの主旨・目的がユーザーにすぐにわかるようにする

サイトのタイトルとdescriptionの設定が重要

・サイトタイトルは検索用キーワードを含めつつ、ユーザーがサイト内容を「直感」できるものにする

・サイトの説明は、キーワードをちりばめつつ、ユーザーにわかりやすいサイトの自己紹介を心がける

何よりもコンテンツ(=ブログの記事)が重要、コンテンツの質にこだわる

もちろんのことですが、コンテンツの提供は、ユーザーフレンドリー化の最重要ポイント

某コンサルタントでそこにブログを載せれば流入だけで月1万円は稼げると話しを聞いたことがありますが、コンテンツがないと一回限りでそのブログは、見られなくなります。それで、ブログは見ても中身が無いと思われてしまいます。

・内容の統制が取れてないサイトは、ユーザーフレンドリーにとは言い難い

自分のブログは色々やりすぎてると思います。これは、ユーザーにとって興味のない記事が増えると言うことになるので、ユーザーフレンドリーとは言い難い理由になります。

ユーザが迷わないガイドライン作り

「サイトのどこにどのような情報があって、どこをクリックしたらどこへ飛ぶのか?」こうしたことをきちんとしたガイドsルためのナビゲーション機能をつけ、ユーザーが求める情報へスムーズにアクセスできるように気を配ることも重要です。

*これはつまり、『パンくずリスト』や『内部リンク対策』と呼ばれるものです。

ユーザーフレンドリー以外の対策

*やんなくて良いと言うかユーザーフレンドリー化が出来ていれば必要がない

外部被リンク対策

SEO対策テクニックで最も有名なものの一つ

「相互リンク」や「ディレクトリ型検索エンジンに登録」と言った方法で外部サイトから被リンクをもらうことは、SEO対策として有効であると言われています。

なぜかと言うと多くのサイトからの被リンクを得ているサイトは、多くのサイトから支持されているとみなされるからです。

<meta>タグのkeywords

これは、ユーザーに見える部分ではなく、検索エンジンに対してキーワードを知らせるためのものなので「ユーザーフレンドリー」の視点で考えれば重要度はそれほど高くないです

ドメイン対策

キーワードやターゲットに近似したドメイン名(URL)使って、SEO対策をすることです。