下克上英語

英語を始める前準備 文の種類

英語の文は、

①平叙文(普通の文):物事をそのまま伝える文

②疑問文:尋ねる文

③命令文:命令したり依頼したりする文

④感嘆文:驚きや感動を表す文

の4つに分けられます。

平叙文

平叙文:物事をそのまま伝える文のこと

平叙文には、

肯定文:〜だ

否定文:〜ではない

があります。

be動詞の平叙文

・Jim is a college student.

ジムは、大学生です。

・Jim is not a college student.

ジムは大学生ではありません

一般動詞の平叙文

・I like dogs

私は犬が好きです。

・I don’t like dogs.

私は、犬が好きではありません

 

疑問文

疑問文:「〜ですか?」と尋ねる文のこと

be動詞の疑問文

・She is a popular singer in Japan.

彼女は、日本で有名な歌手です。

→ Is she a popular singer in Japan? ― Yes, she is. / No, she isn’t.

彼女は、日本で有名な歌手ですか?    はい/いいえ

be動詞の疑問文はbe動詞を先頭に持ってくる。

全ての疑問文に通じることだが、聞かれた形で答える

一般動詞の疑問文

・You like math.

あなたは数学が好きです。

→ Do you like math? ― Yes, I do. / No, I don’t.

あなたは、数学が好きですか?  はい/いいえ

Doを先頭につける

否定疑問文

・Isn’t Mr. Brown a math teacher? ― Yes, he is. / No, he isn’t

ブラウン先生は、数学の先生ではないのですか?   はい/いいえ

付加疑問文の答え方には、注意が必要

普通の疑問文でも、否定疑問文でも、答えの内容が肯定->Yes, 否定->Noになる。

選択疑問文

・Do you like dogs or cats? ― I like dogs.

あなたは、犬とねこどちらが好きですか?  犬が好きです。

3つ以上ある時は、A, B, C or Dのようになる

 付加疑問文

・It’s windy today, isn’t it? ― Yes, it is. / No, it isn’t.

今日は、風が強いですね     はい強いですね/いいえ強くありません

同意を求めたり、確認したりする

wh疑問文

(疑問詞を使った疑問文):誰が「を」、なにが「を」と尋ねたいとき

・John locked the office last night.

昨夜、ジョンは職場の鍵をかけました。

→ who locked the office last night?

昨夜、誰が職場の鍵をかけましたか?

疑問詞が主語の場合:主語を疑問詞に変える

 

Your school begins at 8:00.

あなたの学校は、8時に始まる

→ Your school begin when.

→ Does your school begin when?

→ When does your school begin?

あなたの学校はいつ始まりますか?

疑問詞が主語以外の場合:たずねる部分を疑問詞にして文頭におきYes/No疑問文の形にする

命令文

命令文:「〜しなさい」と命令したり、「〜してください」と依頼したりする文のこと

be動詞の命令文

・You are quiet.

あなたは静かです。

→ Be quiet.

静かにしなさい

一般動詞の命令文

・You open the window.

あなたは、戸を開けます

→ Open the window.

戸を開けなさい

基本的な命令文:主語を省略し動詞の原形を先頭におく

※相手の名前を言うときは、その名前を文頭か文末におく。

※命令文の文頭か文末にPease, 文末にwill you をつけると〜してくれませんかと(依頼)になる

let’sやshall weで始まる文:主語を省略しLet’s + 動詞の原形を文頭におく。「(一緒に)〜しましょう」(勧誘)になる。

※否定文の場合はLet’s not ~ になる。

 

感嘆文

感嘆文:「なんて〜なのだろう」と驚きや感動を表す文のこと。

文末に!をつける

Howで始める文:形容詞/副詞を強める

How cold it is today! 今日は、なんと寒いのだろう

How 形容詞[副詞] S V !

※話し言葉だと、後ろの言葉(S+V)が省略される

Whatで始める文:形容詞+名詞を強める

What a cold day it is today! 今日はなんと寒い日なのだろう

What a{an] 形容詞+名詞+S+V !

※話し言葉だと、後ろの言葉(S+V)が省略される