python

【python】モジュール

モジュールとは??

pythonでは、関数のような機能をまとめて、必要な時に読み混混んで使えるモジュールという仕組みを持っています。

Pythonに付属しているモジュールの集合体のことを標準ライブラリ と読んでいます。 モジュールを使ってPythonの機能を拡張するには、使用したいモジュールを読み込まなけらばなりません。そのためにはモジュールをインポートします。

モジュールをimportする

モジュールを読み込むことをインポート(import) と言います。import文の直後にモジュール名 を書くことで、指定したモジュールを読み込むことができます。 試しに、randomというモジュールを使ってみます

#import モジュール名
import random

print(random.random()) #0<x<1の乱数を生成
print(random.random(0, 6)) #0<x<=6の乱数の生成
list = [0,1,2,3,4,5]
random.shuffle(list) #リストをランダムに入れ替える
print(random.choice(list)) #リストの要素を一つランダムに選ぶ

import文のas

import句に “as” を使うと、モジュール名を別名で読み込みます。例えば、”import matplotlib.pyplot as plt”とした場合は、読み込んだモジュールを使う時、matplotlib.pyplotとコードに書くべきところを pltとかけるようになります。

#import モジュール名 as 読み込む名前
import datetime as dt

today = dt.datetime.today()
print(today) #出力:2020-6-10 10:54:22.284082


fromを使ったimport

**from** というキーワードを組み合わせると、モジュールにある関数などを直接インポー トできます。モジュールの関数を直接インポートすると、実行時にモジュール名を書く必 要がなくなります。

#from モジュール名 import 関数名など
from statistics import median

math = [158, 157, 163, 157, 145]
english = [143, 167, 170, 165]

#関数名だけで呼び出せるようになる。通常は、statistcs.median
print(median(math)) #出力:157  
print(median(english)) #出力:166.0

from ~ import の後にアスタリスクを使うと、モジュールの持っている関数などをま とめてインポートできます。便利な機能ですが副作用が大きいのであまり使わないように しましょう。

モジュールの探し方

pythonでちょっとしたプログラムを書く時、まずは標準ライブラリに使えるモジュールがあるか、調べるようにしましょう。プログラムの部品として使えるモジュールは大抵見つかります。

探す時は、こちらをご覧ください