python

【python】内包表記

リスト等のコンテナデータの計算を簡潔に記述できる Python 特有の機能を紹介します。 特にリストに対する内包表記である、リスト内包表記が有名です。

リスト内包表記

あるコンテナから、別のリストを簡単に生成することができる。
記述法

・記述法
[expression for var in iterable]iterable には、リストや文字列、range などのコンテナデータが入ります(通常の for 文で使えるものが使えます)。 var は普通の変数で、 expression には式を書きます。 Python はまず for を展開し、変数 var に iterable の各要素を代入しながら、expression を計算します。

・フィルター
[expression for var in iterable if condition]のようにif に条件式を続けて書くことで、その条件を満たす値だけを for は列挙します。

集合内包表記

[] で括って書くリスト内包表記はリストを生成する。 同様に、別の括弧で括ることで、別なコンテナデータを生成することができる
1 2