python

【python】if文,for文,while文

cやjavaなどでは、switch-case文がありますが、pythonには存在しないので注意してください

if, for, whileで使う演算子

比較演算子

演算子 意味
< x < y x は y より小さいとTrue、そうでないとFalse
> x > y x は y より大きいとTrue、そうでないとFlase
<= x <= y x は y以下だとTrue、そうでないとFalse
>= x >= y x は y以上だとTrue、そうでないとFalse
== x == y x と yは同値だとTrue、そうでないとFalse
!= x != y x と yは同値でないとTrue、そうでないとFalse
is x is y xとyは同じidである、xとyは同一であるとTrue、そうでないとFalse
is not x is not y xとyは同じidでない、xとyは同一でないとTrue、そうでないとFalse
in x in y xはyに含まれるとTrue、そうでないとFalse
not in x not in y xはyに含まれないTrue、そうでないとFalse

真偽値

真偽値を使うことで条件式を組み合わせることができます。

演算子 結果
or x or y xとyのどちらかがTrueだったらTrue、そうでなければFalse
and x and y xとyがTrueならTrue、そうでなければFalse
not not x xがFalseならTrue、xがTrueならFalseになる

if文

ifで条件分岐をします。この流れを変えるような処理のことをフロー制御と呼びます
pythonのif文やfor文の範囲

・pythonなどの言語は、インデントでブロックを表します。
・cやjavaなどの言語は、{}でブロックを表します。

上記のコードにおいて、print() 関数の部分はインデントが使われています。インデントはタブや (複数個の) スペース (半角スペース4つが推奨される) を使って表し、インデントがなされた部分をブロックといいます。if文やfor文で実行されるのはブロックに書かれた文です。ブロックの各行は同じ数 (深さ) だけインデントされていなければならないので注意してください。
if文だけでなく、for文や後の節で紹介するクラスの定義等でもインデントを用いてブロックを作る必要があるので、インデントの有無に気をつけながらテキストを読むようにしましょう。

pythonのif文

C言語のif文

javaのif文

様々なものを比較する

数値を比較する

文字列を比較する

文字列を検索する

リストを比較する

一つ一つの要素が完全に一致する時に条件が成り立ちます

リストの要素を検索する

文字列を検索する

 

1 2