python

【python】dictionary(辞書型)

有用なコンテナ型である辞書 (dictionary) を見ます。これは他のプログラミング言語ではハッシュ (hash) や マップ (map)、連想配列 (associative array) と呼ばれたりすることがあります。 辞書はキー (key) と値(value) のペアの集合になり、キーは1つの辞書内で一意でなければなりません。 辞書を作るときは dict() 関数または波括弧 {} を利用しますが、集合型と違い、{key:value, …} の形式になります。

ディクショナリの宣言方法

ディクショナリのvalueを取り出す

ディクショナリは。リストのように格納した順番など順番の概念がなく、keyで要素を管理するので、リストのようにlist[1]と選択し要素を取り出すことができません。

ディクショナリのkeyをすべて取り出す

ディクショナリのvalueをすべて取り出す

ディクショナリのkeyとvalueの組をすべて取り出す

print(items[1]) の出力である(‘Jiro’, 4321)は、タプル型になります。

【python】tuple(タプル型) タプルとリストの違い 要素の変更ができるかどうかにあります。タプルは生成後、要素を変更することができません。 lst =...

keys(), values(), items() プロパティを for で利用するときには list() 関数は不要となります。

keyを使って要素を入れ替える

keyを使って要素を削除する

ディクショナリを連結する

要素を追加する

辞書のキーに存在するかどうかを調べる

in 演算子を利用します。