python

【python】変数定義と演算と文字列

変数の定義

以下のようには宣言しない!!

int a = 3

四則演算

計算 演算子 記述例 結果
足し算 + 1 + 1 2
引き算 10 – 7 3
掛け算 * 2 * 2 4
割り算 / 1 / 3 0.3333333333333333
// 5 // 3 1(整数同士の場合は切り捨てられる)
割り算の余 % 5 % 3 2
べき乗 ** 5 ** 2 25
足し算 += x+=2 x = x+2
引き算 -= x-=2 x = x-2
掛け算 *= x*=2 x = x*2
割り算 /= x/=2 x = x/2
//= x//=2 x = x//2

pythonには、i++のようにはできません。

真偽値

演算子 結果
or x or y xとyのどちらかがTrueだったらTrue、そうでなければFalse
and x and y xとyがTrueならTrue、そうでなければFalse
not not x xがFalseならTrue、xがTrueならFalseになる

比較演算子

演算子 意味
< x < y x は y より小さいとTrue、そうでないとFalse
> x > y x は y より大きいとTrue、そうでないとFlase
<= x <= y x は y以下だとTrue、そうでないとFalse
>= x >= y x は y以上だとTrue、そうでないとFalse
== x == y x と yは同値だとTrue、そうでないとFalse
!= x != y x と yは同値でないとTrue、そうでないとFalse
is x is y xとyは同じidである、xとyは同一であるとTrue、そうでないとFalse
is not x is not y xとyは同じidでない、xとyは同一でないとTrue、そうでないとFalse
in x in y xはyに含まれるとTrue、そうでないとFalse
not in x not in y xはyに含まれないTrue、そうでないとFalse

id関数

Pythonでは全ての物について一意のidというものを持っています。これは id() 関数を使って調べることができます。

文字列の演算

文字列の連結

・文字列の連結は、文字列同士の足し算で連結する
・変数の型変換は、C言語やjavaとは違い関数を使う

Pythonで文字列を作るには ‘ (シングルクォーテーション) もしくは ” (ダブルクォーテーション) で囲みます。複数行の文字列を作りたいときは、三連引用符(”””…””” または ”’ … ”’)を利用します。 改行は自動で含まれますが、行末に \ を付けることで改行を一つ無視することができます。

出力結果:
tomo
tomo
改行あり

 

改行無視

a lot of eggs
PythonPythonPython
tomostudyblog

文字列の分割と結合

・A.split(B)
・B.join(A)
A:対象の文字列
B:区切り文字

 

文字列の置換と削除

・A.replace(B,C)
A:対象の文字列
B:変更前の文字(列)
C:変更後の文字(列)

・A.strip(D)
D:削除したい文字(列)

 

文字列を検索する

[]はオプションなので省略可能です

・A.find(B[,C[,D]])
・A.index(B[,C[,D]])
A:対象の文字列
B:検索したい文字列
C:開始インデックス
D:終了インデックス

・A.index(B[,C[,D]])

A.find(B[,C[,D]])は文字列が見つからない場合は、-1を出力しますが、・A.index(B[,C[,D]])は例外が起きます

print(s.index(“あい”))
ValueError: substring not found

 

最初や最後の文字列を調べる

[]はオプションなので省略可能です

・A.startswitch(B[,C[,D]])
・A.endswitch(B[,C[,D]])
A:対象の文字列
B:検索したい文字列
C:開始インデックス
D:終了インデックス

 

アルファベットの大文字と小文字を変換する

・A.upper()
・A.lower()
A:対象の文字列