python

python #2

for文

for文で繰り返し処理をします。

for 繰り返し変数 in シーケンス:

ループ内で実行するブロック

ここでシーケンスとは、リストのように複数の要素を持つデータ型のことです。

シーケンスの要素が繰り返し変数に代入されてから実行ブロックを実行します。

a = ["AB", "CD", "EF", "GH"]

for abc in a:
    print(abc)

#以下のように出力される
AB
CD
EF
GH

 

renge関数

プログラムで決まった回数ループを実行したいときにこの関数を使用します。

for cnt in range(5):
    print(cnt)

#以下のように出力される
0
1
2
3
4

 

if文

ifで条件分岐をします。この流れを変えるような処理のことをフロー制御と呼びます。

if 条件式:

条件によって実行するブロック

else :

条件が合わなかったときに実行するブロック

if文が複数ある場合は、次のようにかくよ

if 条件式①:

条件式①が真のときに実行するブロック

elif 条件式② :

条件②が真のときに実行するブロック

else :

条件①と②の両方が偽のときに実行するブロック

数値を比較する

if 1 == 1:
   print("この条件はTrue")

#以下のように出力される
この条件はTrue

文字列を比較する

if "あああ" == "あああ" :
    print("この条件は、True")
else : 
  print("この条件は、False")

#以下のように出力される
この条件は、True

文字列を検索する

if "ABC" in "AABBCCDDABCEE" :
   print("この条件はTrue")

#以下のように出力される
この条件はTrue

リストを比較する

if [1,2,3,4] == [1,2,3,4] :
   print("この条件はTrue")

#以下のように出力される
この条件はTrue

リストの要素を検索する

if "A" in ["A","B","C","D"] :
   print("リスト内にAの要素がある") 

#以下のように出力される
リスト内にAの要素がある