python

python #1

自分の備忘録として、まとめておきます。

 

変数の定義と基本的な計算

 

変数を定義する

変数名 = データ

a = 3

#文字列の場合は、”か’で囲む
b = "Hello"

#”を三つ連ねると改行を含む文字列を定義できる
c = """Hello
       World"""

 

以下のようには宣言しない!!

int a = 3

 

文字列の連結と型変換

文字列の連結は、”文字列”の足し算で連結する

変数の型変換は、C言語やJavaとは違い関数を使う

#Python では、型の違うもの同士で計算はできない
day = 24 
date = day + "日"

#dayを変換して足し合わせると計算ができる
date = str(day) + "日"

 

リスト

 

リストを定義する

変数名 = [要素0, 要素1, 要素2, ・・・]

a = [2,3,4,7,2]

#リストの要素を取りだす
a = a[4] - a[0]

#インデックスに−1を指定するとリストの最後の要素を指定できる
a = a[-1] - a[0]

 

リストの置き換え、削除

置き換えは代入する

リストの要素の削除は、del文を使う

a = ["AB", "CD", "EF", "GH"]

#リストaの1番目の要素をABからAAに書き換える
a[0] = "AA"

#リストaの2番目の要素を削除する。削除すると要素数が減る
del a[1]

#["AB", "CD", "EF", "GH"] → ["AB", "EF", "GH"]

 

スライス機能

スライスとは、リストに入っている要素のうち、連続した複数の要素を指定する記法です

リスト名[最初の要素のインデックス:最後の要素のインデックス+1]

a = ["AB", "CD", "EF", "GH"]

b = a[1:3]
# → ["AB", "CD"]

c = a[:3]
# → ["AB", "CD"]

d = a[1:]
# → ["AB", "CD", "EF", "GH"]

 

リストのリスト(2次元配列)

 

リストのリストの基本

リストのリストの定義、参照、削除はリストと同様

リストの合計、最大値、最小値、長さを調べる

a = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,10]

sum(a) 
#リストの合計 → 55

max(a)
#リストの最大値 → 10

min(a)
#リストの最小値 → 1

len(a)
#リストの要素数 → 10