ネットワーク

DNS

DNS

DNSとは??

Domain Name Systemの略で、IPアドレスとドメインを紐付けるシステムのこと。

インターネットができたばかりの時は、ホスト名とIPアドレスの対応関係を記録した「 hosts」というファイルを作成し、これを全てのコンピュータがコピーして持つことによりIPアドレスの変換を行なっていました。今でもUNIXにおいて「etc/hosts」というファイルに対応関係を保存できます。UDPを使っている。多数のネームサーバーから構成された分散データベース。

言葉の整理

IPアドレス

インターネット上で通信相手のコンピュタを他から識別するために用いられます。インターネットの住所のようなもの。

プロセス間の通信(インターネット層)IP https://tomostudyblog.com/network-basic-7/ ネットワーク層の役割 トランスポート層...

ドメイン

例えばホスト名が「www」,ドメイン名が「tomoblog.ac.jp」である場合、この両者をつなげて「www.ac.jp」とし、これがURLとして用いられます。ドメイン名は、ホスト名や組織名を識別するために階層構造を持った名前の体系です。アプリケーションにおいてホスト名+ドメイン名が指定されると、まずDNSへの問い合わせが行われ、解答としたIPアドレスを元に通信処理が行われます。

ネームサーバー

ドメイン名を管理しているコンピュータ及びそのソフトウェアのことで、自らが所属する階層(ゾーン)のドメイン情報を管理しています。

DNSはなぜ必要か??

ホストネーム(例えば、www.yahoo.com)は人間は扱いやすいがコンピュータには扱いにくい。IPアドレス(例えば164.144.137.100)はコンピュータには扱いやすいが、人間は覚えにくく扱いにくい。なので、IPアドレスとドメインを紐づけて、どちらにも扱いやすいようにしている。

階層的なドメイン構成

DNSはどのように動作しているのか??

「computer.org」ドメインのクライアント「host」が「www.tomoblog.ac.jp」というホームページへアクセスするとします。

①hostはまずcomputer.orgドメインのネームサーバに対し、www.tomoblog.ac.jpのIPアドレスを知っているかを問い合わせます。

②computer.orgのネームサーバーは、そのIPアドレスを知っていればそれを返しますが、知らない場合にはルートネームサーバーに問い合わせます。

③ルートネームサーバーはjpドメインのネームサーバーのIPアドレスを返される。

④⑤そこで、jpドメインのネームサーバーにwww.tomoblog.ac.jpのIPアドレスを問い合わせると、今度は、ac.jpドメインのネームサーバーのIPアドレスが返される。

⑥⑦さらに、これに問い合わせるとtomoblog.ac.jpドメインのネームサーバーのアドレスが返される。

⑧⑨このネームサーバーはtomoblog.ac.jpドメインに所属するコンピュータをのアドレスを管理しており、これに尋ねるとようやくwww.tomoblog.ac.jpのIPアドレスを知ることができます。

⑩このようにして、computer.orgドメインのネームサーバーはwww.tomoblog.ac.jpのI Pアドレスを知ることができ、computer.orgドメインのhostにこのIPアドレスを返す。

⑪⑫以上の手順によりhostはwww.tomoblog.ac.jpのIPアドレスっを知ることができます。このIPアドレスを使ってホームページアクセスなどの通信を開始します。

nslookup ホスト名+ドメイン名でIPアドレスを手動で取得できる

 

 

 

 

DNSプロトコルメッセージ

Identification  Flags
Number of questions Number of answer RRs
Num. of authority RRs Num. of authority RRs
Questions (Variable number question)
Answers (Variable number of resource records)
Authority (Variable number of resource records)
Additional information (Variable number of resource records)

 

スポンサーリンク