ネットワーク

通信機能の階層 #2

OSI基本参照モデル

 

機種ごとにネットワーク通信機能の仕組みが異なっていると通信に大きな労力が掛かってしまいます。そこで、もっと簡単に通信が行えるようにコンピュータが通信機器が共通して備えるべき通信機能の仕組みをISO(国際標準化機構)が決めました。それがOSI基本参照モデルです。
OSI基本参照モデル
第7層  アプリケーション層 メールやファイル転送、Webの閲覧など、具体的な通信サービスに対応するプロトコルを規定
第6層  プレゼンテーション層 文字コードや暗号などデータの表現形式に関するプロトコルを規定
第5層  セッション層 通信の開始・終了などの手順に関するプロトコルを規定
第4層  トランスポート層 通信の信頼性を確保するためのプロトコルを規定
第3層  ネットワーク層 通信経路の選択や中継を行うプロトコルを規定
第2層  データリンク層 誤り制御や再送要求など、伝送制御手順に関するプロトコルを規定。隣接機器間で誤りのないデータ通信を行う
第1層  物理層 コネクタやケーブル、電気信号など、電気・物理的なレルのプロトコルを規定

 

TCP/IP

 

よく使われる&OSI基本参照モデルに対応しているプロトコルの集まりをTCP/IPといいます。そのうち重要なプロトコルであるTCP(トランスポート層)とIP(ネットワーク層)を中心にして構成されているので、TCP/IPと呼びます。つまり、TCPとIPはそれぞれプロトコルです。
OSI基本参照モデルの階層 TCP/IPの階層 TCP/IPの主なプロトコル
アプリケーション層 アプリケーション層 HTTP, FTP, TELNET, SMTP, POP3, NTP, SNMP
プレゼンテーション層
セッション層
トランスポート層 トランスポート層 TCP, UDP
ネットワーク層 インターネット層 IP
データリンク層 ネットワークインターフェース層 PPP, イーサネット
物理層

 

LAN間接続装置の種類

LAN(Local Area Network)とは一つの施設内で用いられるネットワークのことです。ユーザーが主体となって運営。管理する

WAN(Wide Area Network)とは、広い範囲を結ぶネットワークのことです。電気通信事業者が関わる必要がある。

※二つの違いは、管理する人によって区別されます。

リピータ 信号を増幅して、ネットワークの伝送距離を延長する装置
ブリッジ、スイッチオンハブ 特定の端末に宛てたデータ(=フレーム)をMACアドレスを元にして中継する装置。接続された端末同士は、一つのネットワーク(同じネットワーク)(セグメント)を構成する
ルータ 特定の端末に宛てたデータ(=パケット)をIPアドレスを元にして中継する装置。ネットワークとネットワーク(異なるネットワーク)を繋ぎ、複数のルータを経由してデータを別のネットワーク上にある端末に届けることができる。
ゲートウェイ プロトコルの異なるネットワーク同士を接続する装置

 

OSI基本参照モデルとLAN間接続装置の種類

第7層  アプリケーション層 ゲートウェイ

 

第6層  プレゼンテーション層
第5層  セッション層
第4層  トランスポート層
第3層  ネットワーク層 ルータ
第2層  データリンク層 ブリッジ、スイッチオンハブ
第1層  物理層 リピータ

基本確認クイズ

・Webアプリケーションは何層のプロトコルか?

・HTTPは、何そうのプロトコルか?

・クライアントのIPアドレスは、固定してくてはならない

・ネットワークアプリケーションはルータ上では、実行するのか、しないのか

・ネットワークの階層化はどのようなメリットがあるか