ネットワーク

ネットワーク基礎 #1

ネットワークは巨大で複雑なシステムです。ここでは、URLをブラウザに入力してから画面にWebページが表示させるまでについて論じて行きます。

ネット全体のイメージ

Webブラウザ

ホームページを見るときに使うソフトのこと

TCP/IP

安全性重視で通信するときに使うあ約束事「TCP」とインターネット用のお約束事「IP」のこと

LANドライバ

PCなどに接続されているネットワーク関連の機器をOSによって制御する専用のソフトウェアのこと

スイッチ(ハブ)

ネットワーク中のデータを見て、行き先を振り分けてくれる機器のこと

※スイッチとハブの違いについては、こちらをご覧ください

ルータ

あるネットワークと、あるネットワークを中継する機械の事

電話局

電話会社の回線を利用してインターネットに接続するg

プロバイダ (=インターネットサービスプロバイダ)

自分の使っている回線とインターネットの世界をくっつけてくれるもの

ファイアウォール

特定のサーバー上で動く特定のパケットだけを通し、それ以外のパケットを遮断する役割を持ったもの

キャッシュ・サーバー

インターネット上の各種サーバーのデータを一時的に保存しておき、ユーザーからの要求に応じて本来のサーバーの代わりにデータを送るサーバーのブラウザはまずURLを解読

※どのURLにも共通する点→URLの先頭にある文字列、つまりhttp:,  ftp:,  file:,  mailto: といった部分でアクセスする方法を表す点.アクセス先がWebサーバーだったらHTTP、FTPサーバーだったらFTPというプロトコルを使うということ。