雑記

ほくろに毛が生える理由

みなさんは、ほくろから毛が生えたことがあるでしょうか?

マイナビウーマンユーザーの女性を対象として、159名にアンケートした調査によると、全体の4割(39.6%)にあたる63名が、ほくろに毛が生えたことがあると答えました。

ここで、ほくろについてとそもそも毛が生えることに影響する要因を紹介していきたいと思います。

ほくろとは?

色素性母斑や母斑細胞母斑と呼ばれる良性の母斑細胞の集まりのことです。

ほくろの色は、褐色、茶色、黒色をしています。

基本的には丸くて左右対称です。豆知識として、メラノーマ(ほくろのがんと言われているもの)は左右非対称です。

大きさ

基本的には、5ミリ以下です。

できる場所

ほくろは体中にできますが、ほくろができる場所には意味があります。そしてほくろができる場所を利用した、ほくろ占いというのもあります。

できる原因

肌にある色素細胞のメラノサイトがメラニンおを作りだす過程で、異常が起きメラニンが大量につくられほくろになります。その異常が起こるきっかけは、皮膚への摩擦、熱、圧迫、紫外線、ストレス、疲労、遺伝など様々です。

f:id:tomo-study:20190825022803p:plain

毛が生える要因とは?

毛が生える医学的目的

皮膚の保護

体温調整や発汗作用などを助ける働きがあります。魚類や爬虫類などは、変温動物で自分で体温調節ができなく、皮膚の保護のために、鱗や甲羅など毛に変わるものを持っています。

異物の混入を防ぐ

眉毛は汗が目に入ることを防いだり、鼻毛は空気中のチリや細菌を防ぐフィルターになります。

人類の毛がうすくなってしまった原因

科学技術の発達により、毛以外での体温調節や異物混入を防いだり毛がいらなくなってしまったのです。

毛が生える仕組みと原因

毛細血管から毛乳頭に取り込まれた栄養素が、毛母細胞に渡り、細胞分裂をくり返すことによって毛が生えてくる。つまり最終的には、細胞分裂が盛んになれば、毛が長く太いけになるわけです。以下は細胞分裂が盛んになる要因です。

ホルモン

ホルモンによって毛母細胞の細胞分裂が活発になり、毛母細胞が大きくなり太く長い毛が生えやすくなります。

様々な刺激によって破壊された毛母細胞の超回復

毛母細胞は淡白質でできているために、鶏卵同様に熱で固まります。脱毛サロンでは、光によって毛母細胞を熱し固めてしまいます。それによって、毛が生えなくなるのです。しかし、ブラジリアンワックスやピンセットによる毛抜きは、逆効果で毛母細胞が元に戻ろうとする時に細胞分裂が活発になり、毛が太くなりやすくなってしまいます。さらに、埋没する毛が出てきたり、炎症や肌が黒くなってしまう色素沈着になってしまいます。

ほくろと毛の関係性

上記のように毛が生えるには、毛の毛母細胞の細胞分裂が大きく関係します。ほくろは、細胞分裂が盛んな場所なので、もちろん毛母細胞の細胞分裂も盛んです。なので、ほくろに長くて太い毛が生えるのです。