Java

【入門】Javaの基本構造と変数

javaの基本構造

コンパイルするとファイルの中にある、class名のファイルができる

publicにしたclassとファイル名は同じにしなければいけない
→publicにできるclassはファイルにつき1つ

変数の型

  • 基本型(プリミティブ型)
    • 論理型 boolean
    • 整数型 byte short int long
    • 浮動小数点型 float double
    • 文字型 char
  • 参照型
    • クラス型 →データ(フィールド)と手続き(メソッド)を持つデータ
      自分で作ったクラスはもちろんだがObjectクラスもしくはそれの子孫クラスや、ラッパークラスと呼ばれるInteger, Float, Double, Boolean, Character, Byte, Short, Longなどもある。Stringもクラス型
    • インターフェース型
    • 配列型
プリミティブ型は値自身を、参照型は値のある場所を保持する。

参照型は、値のある場所を保持しているため、nullを代入することができる。nullを代入すると、ガーベージコレクタ(nullが代入されたオブジェクトが使用していたメモリを自動で開放する)が働く。

プリミティブ型と参照型の違い

これは、int同士の == での比較は値(この場合だと1)を比較しているが、Integer(ラッパークラス)同士の ==での比較は値のある場所(この場合だと変数cと変数dの
場所)を比較しているため。

変数の宣言方法

データ型名 変数名;