C言語

【c言語が今でも使われる要素の一つ】構造体

構造体とは

いろいろな種類のお互いに関連するデータをまとめて1つの塊にして扱いやすくしたもの。
扱う変数の量を減らせるので、プログラムを簡素化できる。

宣言と定義方法

  • 構造体の宣言

これは型に作ることに相当する。一度鋳型を作れば、それを元に同じ型の物を何個でも作ることができる。この型のことを「構造体テンプレート」と呼ぶ
struct 構造体タグ名 {メンバー宣言};

  • 構造体の定義

これは、型を元に実際の物を作る作業に相当する。作ったもの(構造体変数)には、通常の変数ど同様で1つ1つに他の変数とは、違う名前をつけることができる
struct 構造体タグ名 構造体変数名;

typedef double Height;
これは、プログラムを読みやすくするために、有効である。ここででは、double型がHeight型になる。つまり、Height a,b,c; は、double a,b,c; と同じ意味になる。

構造体の初期化

struct 構造体タグ名 構造体変数名 = {初期値1, 初期値2, ・・・・・}

構造体メンバーへのアクセス

構造体の中の要素のことをメンバーと呼ぶ。メンバーの参照は「.」(ピリオド)を用いて以下のように行う。

構造体変数名.メンバー名

参考サイト

構造体の基本