基本情報処理試験

【IT技術者最低限の知識!?】基本情報処理試験重要語句 #2

基本情報処理試験重要語句part1の続きです

 半加算器

2つの論理値を入力すると、結果と桁上狩りの論理値を出力する回路

フリップフロップ

リフレッシュを行わなくても、内部に値を保持できる論理回路

GUI

アイコンなどを用いて、利用者が直感的に操作できるようにしたユーザーインターフェース

CSS

Webページの外観(文字色、余白など)をしていするための仕組み

アンチエイリアシング

描線の外枠の中間色のドットを配置し、画像のぎざつきを目立たなくする技法

クリッピング

画像全体から指定した範囲の画像情報だけを切り抜いて表示すること

サンプリング

アナログ音声の音の強さを一定の間隔で取得すること。標本化ともいう

モーフィング

物体の形状を、滑らかに別の形状に変化させていくコンピュータグラフィック技術

CREATE VIEW

仮想的なテーブル(ビュー)を作成するためのSQL文

SELECT

SQL文の1種で、関係データベースのデーブルの検索を行う

SQL

関係データデータベースのテーブルの検索などを行うために用いられる言語

外部キー

他のテーブルの主キーを参照する例のこと

関係データベース

行と列から構成されるテーブル(表)を用いて、データを格納するデータベース

結合

二つ以上の表を結びつけて一つの新しい表を作る操作

射影

関係データベースのテーブルの特定の列だけを取り出す作業

主キー

テーブルの各行を一意に識別するための列、または複数の列の組

正規形

データの重複の排除して、適切な構成にした関係データベースのテーブルのこと

選択

関係データベースのテーブルの特定の行だけを取りだす操作

挿入

テーブルに新しい行を挿入する操作

多重度

あるテーブルの行に、別のテーブルの行が対応する行数のこと

排他的制御

ある処理が参照・更新中のデータを、他の処理から参照できないようにする制御

ビュー

一つまたは複数のテーブルの内容を用いて作成した仮想的なテーブル

ロールバック

トランザクションがテーブルに対して実行した更新を無効にすること

ログファイル

システムへの操作や出力結果などの情報を時系列で記録したファイル



1 2