基本・応用情報処理試験

3DCGの制作技法

テクスチャマッピング

形状が決められた物体の表面に、別に用意された画像ファイルを貼り付ける方法

メタボール

物体を球や楕円の集合としてモデル化する方法

ラジオシティ

光の相互反射を利用して物体表面の光エネルギーを計算することで、表面の明るさを決定する方法

レンダリング

データとして与えられた情報を計算によって画像化すること

レイトレーシング

レイトレーシングは、光の反射・透過・屈折を表現できるレンダリング方式です。 その名の通り、光線(レイ)を追跡(トレース)する技法です。光源からの光線の経路を計算することで光の反射や透過などを表現する方法。スクリーンの全ての画素について,視線と描画の対象となる物体との交点を反射属性や透明属性なども含めて計算し,その中から視点に最も近い交点を選択する。

スキャンライン法

スキャンラインの単位で処理を行います。 スキャンラインとは走査線のことで、仮想スクリーン上の横1ラインのことです。スクリーンの走査線ごとに視点とその走査線を結ぶ走査面を作成し,各走査面と描画の対象となる物体との交差を調べて交差線分を求め,奥行き判定を行うことによって描画する

Zソート法

描画の対象となる二つの物体のうち,一方が近くに,もう一方が遠くにあるときに,まず遠くの物体を描いてから近くの物体を重ね書きする。

Zバッファ法

Zバッファ法は、Zソート法と同じく面の単位で処理を行う技法です。描画の対象となる物体の各面をピクセルに分割し,ピクセルごとに視点までの距離を計算し,その最小値を作業領域に保持することによって,視点までの距離が最小となる面を求める。

モーフィング

複数画像の中間を補い連結して滑らかに変化させる技法

モーションキャプチャ

センサやビデオカメラで人間や動物の自然な動きを取り込む技法

クリッピング

画像を一部切り抜いて残し、他の部分を消去する

参考サイト

https://blender3d.biz/knowledge_rendering_renderingmethods.html#Zソート法