IT関係

【随時更新】ソフトフェア開発に関連した法則や原則のまとめ

アムダールの法則

計算処理中の並列可能な部分の割合が、プロセッサを増やしたときの性能向上比にどのように影響するかの関係を示した法則です。性能向上比、並列可能な部分の割合、プロセッサ増加数は以下の関係があります。

\[性能向上比=\frac{1}{(1-並列可能部分の割合)+\frac{並列化可能部分の割合}{プロセッサ数}}\]

ムーアの法則

半導体最大手の米インテルの共同創業者の一人であるゴードン・ムーア氏が1965年米「Electronics」誌で発表した半導体技術の進歩についての経験則で「半導体回路の集積密度は1年半~2年で2倍となる」という法則。 

ムーアの法則では、半導体回路の線幅の微細化により半導体チップの小型・高性能化が進み、半導体の製造コストも下がるとされてきたが、近年では半導体回路の線幅の微細化も限界に近づいており、新たな半導体の進化技術も難易度が高く開発コストも増すことからムーアの法則の終焉を指摘する声も多い。

参考サイト

https://zenn.dev/nananaoto/articles/a1612bc0e985064af47d