下克上英語

【これで迷わない】talk, speak, tell, sayの使いわけ

”話す”は文法問題や英会話でよく使いますので、ぜひマスターしましょう。

ニュアンスの違い

talk

原義:しゃべる、話す

speak

原義:音を立てる→話す

tell

原義:語る
話の内容を伝える時に使う
※人を間接目的後としてとる必要がある

say

原義:言う
報告する時に使う

talkの使い方

talk O

Oを言う

talk to [with] A about [of] B

AにBについて(のことを)話す

speakの使い方

speak O

Oを言う

speak to [with] A about [of] B

AにBについて(のことを)話す

speak/talkは、直後に「〜に」相当する目的語をおかない。
つまり、前置詞toが必要。

× He speaks me. → ○ He speaks to me.
× He talks me. → ○ He talks to me.
(例外)以下はOK!
talk A into ~ing (Aを説得して〜させる)
talk A out of  ~ing (Aを説得して〜させないようにする)

tellの使い方

tell O

Oを言う

tell [inform] A of B

AにBを伝える

tell [inform] A that ~

Aにthat〜を伝える

tell A B
tell B to A

AにBを言う

S tell O1 O2 (tellの4文型)

SはO2にO1を言った

sayの使い方

say “~”

〜と言う

say O

Oを言う

say A to B

BにAを言う

say (to A) that ~ [so]

〜だそうだ。(Aに)〜と言う

文型って何?分かんないって思った方は以下の記事にわかりやすくまとめたのでぜひご覧ください。
【用語の意味を知らないから、文法が理解できないのは当たり前!英語を始める前準備】用語解説時や条件を表す副詞節中は未来形だったら現在形、未来完了形だったら現在完了形になると聞いた時に、こう思った人が少なくともいるはずです。 ...

おすすめ文法書